「MIU404」第11話最終回〈ゼロ〉 感想|最後の最後でゼロの意味

金曜ドラマ「MIU404」。

早いものでいよいよ最終回となってしまいました。

最後まで全く展開の読めない状態。

第11話最終回の感想や考察についてお伝えします。

「MIU404」前回の内容

前回はフェイクニュース・SNS拡散・ドローンといった、現代ならではの犯罪で機捜を翻弄した久住。

機捜も視聴者も、菅田将暉演じる久住に振り回されっぱなしの前回でした。

単独捜査に出ていた陣馬は、逃走するトラックに轢かれてしまいました。

「MIU404」第11話最終回〈ゼロ〉あらすじ

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクとわかり、大混乱は間もなく収束した。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行は行えずにいた。別の車両で密行していると、その車中、伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及。結果的に2人の関係がギクシャクしてしまう。

実は、トラックにひき逃げされた陣馬(橋本じゅん)は、爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまった…。志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。九重(岡田健史)も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子)は班長としての責任を痛感。それぞれが無力感にさいなまれていた。そして伊吹は…。

さらに、依然として久住(菅田将暉)の行方は掴めないまま…。4機捜はこのまま久住を捕まえられず、バラバラになってしまうのか…。

出典:https://www.tbs.co.jp/



「MIU404」第11話最終回〈ゼロ〉感想・考察

スイッチひとつで変えられた2つの結末

九重が機捜うどんの話をし、陣馬が目覚めた事により変えられたスイッチ。

陣馬が目覚めたことを伝えるスマホのメッセージにより2人は目覚め、それを目にしたことで心の中の黒い闇も晴れていった‥。

 

スイッチがなければ、伊吹と志摩は夜まで目覚めず、結果志摩も久住も命を落とすという最悪の結果になってしまいました。

おそらく陣馬も目覚めていないので、結果命を落としていたかもしれない。

ちなみに、この最悪の出来事の後の世界では、コロナは発生しておらず、オリンピックが開催されていました。

 

スイッチにより変えられた世界では、誰も命を落とすことなく、久住を逮捕。

その反面、世界ではコロナが流行しており、オリンピックは延期が決まりました。

そんな世界の中でも、機捜の皆はたくましく明るく生きてる姿が印象的でした。

 

「夢オチでがっかり」なんて言葉もネット上に上がっているけれど、単なる夢オチじゃない。

最終回へ向けた伏線がいくつも描かれてきた、そんなドラマでした。

最後までまるで恋愛ドラマ

お互いを思い合い過ぎるがゆえに、むず痒くすれ違う伊吹と志摩は、まるでロミオとジュリエットみたい。

本当の結末ではなかった中での台詞ではあるものの、

志摩の言葉は最高にかっこいいものでした。

「銃声を聞けば伊吹は起きる。目が冷めた時俺が死んでいたら、俺の相棒は、伊吹はお前を絶対許さない」

 

最後は2人そろってアイラブジャパンなTシャツを着るもんだから、完全にバカップルにしか見えない状態でした。

久住(菅田将暉)の表情が変わった瞬間

全話通して飄々としており、自分をクズ・ゴミと呼び、人間ではないような、魔法使いのような雰囲気だった久住。

その久住が、志摩と伊吹に捕まり、志摩に傷口にタオルを当てられた瞬間、まるで幼い少年のような表情に変わりました。

2度もアップされた、父親を見上げる息子のような、先生を見上げる生徒のような、何とも言えない美しい表情。

人間ではない何かだった久住が、一人の人間に戻った瞬間。

久住とは一体どういう人間だったのだろうか。

このシーンだけで、想像が掻き立てられるようでした。

〈ゼロ〉の意味

今回のサブタイトルは〈ゼロ〉。

毎回サブタイトルにかなり深い意味が込められていたMIU404ですが、今回のゼロはすぐに意味がわかりませんでした。

最後の志摩の台詞が全てを表しているのかもしれません。

例え選択を間違っても、またゼロから始めればいい

これまで「分岐点」や「スイッチ」など、散々選択の重要性を説いてきたドラマでしたが、最後の最後にこの言葉。

 

九重の例が特徴的です。

一度対応を間違え、成川の道を踏み外させてしまった九重。

しかしハムちゃんの件で、もう一度成川の未来を作り直すことが出来ました。

 

この最終回は、すべての人に希望を与えるような、優しい終わり方だったと私は思います。

 

しかしそれだけでは終わらないのがMIU404。

今までも必ずサブタイトルには2つ以上の意味が込められていました。

では〈ゼロ〉のもう一つの意味は‥?

エラーコード404もキーワードの一つであったこのドラマ。

実はエラーコード0には「正常終了」という意味もあるのだとか。

道を踏み外し、エラーを起こしていた久住が、正常の状態・普通の人間に戻された。

MIU404は、機捜の話でもあり、久住の話でもあったのでしょう。

「MIU404」第11話最終回〈ゼロ〉感想|最後の最後でゼロの意味   まとめ

「MIU404」最終回についてお伝えしました。

近年まれに見る、傑作ドラマだったと私は思います。

伊吹と志摩から希望をもらい、これからも例え一度道を外れてしまったとしても、強くたくましく生きていきたいと思った、今日このごろです。

↓過去回感想はこちら↓

「MIU404」第1話〈激突〉感想|綾野剛があの超話題ナイキを着用!

「MIU404」第2話〈切なる願い〉感想|バディの格好良さ際立つ

「MIU404」第3話〈分岐点〉感想|ラストに菅田将暉が登場

「MIU404」第4話〈ミリオンダラー・ガール〉感想|志摩さんの目が!

「MIU404」第5話〈夢の島〉感想|『感電』の秀逸なタイミング

「MIU404」第6話〈リフレイン〉感想|「俺の生命線は長い!」

「MIU404」第9話〈或る一人の死〉感想|黒幕は菅田将暉?

「MIU404」第10話〈Not found〉感想|菅田将暉の一人舞台!?