おみくじで”「待ち人」が来る”と出た!子宝に恵まれるという意味も?

新年のお参りに行った時のお楽しみと言えば、やっぱりおみくじではないでしょうか?

おみくじは、小吉や大吉といったランクが気になりますが、書いてある詳細な情報も忘れてはいけません。

もし、おみくじの詳細部分で「待ち人が来る」と書いてあったら、子宝に恵まれるというチャンスかもしれません。

妊活中の方や、お子さんについて前向きに考えているのなら、ぜひこの記事を見ておみくじの結果と向き合ってみるのはいかがでしょうか?

おみくじの「待ち人」の本当の意味とは?

最初に待ち人と言えば、彼氏や新しい出会いなどと恋愛関係のように考えてしまうことはないでしょうか?

しかし、すでにパートナーがいる方の場合は、ちょっと違うかもと感じるかもしれません。

「待ち人」の本当の意味は、「自分の人生をよく導く人」というものです。

 

「自分の人生をよく導く人」と言ってもあまりピンときませんよね。

私も初めて聞いたとき、どんな人なんだろう?と思ってしまいました。

では、「自分の人生をよく導く人」をご紹介します!

「自分の人生をよく導く人」とは

・ずっと探していた同じ趣味の友達

・自分の悪い癖を直してくれる人

などなど、自分にとってプラスの事象をもたらす人

確かに、待ち人=好きな人という解釈は、あながち間違っていないとも言えますね。

自分をプラスに変えてくれる人には、自然と好感度が上がっていきますよね!

 

では、これは子宝つまり赤ちゃんをお腹に宿すという意味ではどうなのでしょうか?

もちろん、赤ちゃんも自分にとっておおいにプラスの事象をもたらしてくれるので、子宝という意味でも有効です。

しかし、そのおみくじの詳細欄に別途「子宝」の欄がある場合は、待ち人=子宝という意味にならないので注意が必要となってきます。

あなたももう一回おみくじの詳細の欄を見返してみて、子宝の欄があるか無いかをチェックしてみてください!


おみくじの「待ち人」が当たった!SNSでの体験談

もう一度おみくじをチェックして、「子宝」の欄が無く、「待ち人」で良いことが書いてあった!という方へ。

そんな時に気になるのはSNSなどの口コミですよね。

便利な世の中になったおかげで、現代はSNSなどでいろんな人の意見を見ることができます。

そこで今回はおみくじで「待ち人」が当たった人たちの意見を見ていきましょう。

まずは、待ち人で良い結果を出して運命の人と出会ったという意見から。

このように、1年以内に来るとあり旦那様とその年に幸せになった方もいるようです。

また、同じ趣味の人と会えたという意見も。

この方は、おみくじの待ち人であたりを引き、同じ趣味の方とお会いできたようです。

このように、実際におみくじの待ち人が当たったことで自分の人生を変えてくれた人と会うことができたという例があるようです。

もしかしたら、あなたも赤ちゃんと今年中に巡り合うことも出来るかもしれません。

まとめ

おみくじの実際の待ち人というのは「自分の人生を変えてくれる人」というのは驚きでした。

また、実際に叶っている人もいたということも分かりましたね。

年のはじめに神様から応援された気持ちになると、とっても心強いですよね。

良い”待ち人”との出会いが訪れますように。