「MIU404」第2話〈切なる願い〉感想|バディの格好良さ際立つ

期待の金曜ドラマ「MIU404」

第2話の感想や考察、

第3話の展開予想についてお伝えします。

「MIU404」前回の内容

臨時部隊の“第4機捜”として招集された志摩と伊吹。

相反する性格でぶつかり合いながらも、志摩の鋭さと伊吹の勘の良さで、あおり運転事件を解決する。

志摩には過去に捜査一課を降ろされたという事実があった。

↓第1話感想はこちら↓

「MIU404」第1話〈激突〉感想|綾野剛があの超話題ナイキを着用!

「MIU404」第2話〈切なる願い〉あらすじ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

出典:https://www.tbs.co.jp/



「MIU404」第2話感想・考察

「MIU404」第2話感想|バディの格好良さが際立つ

第1話では2人のキャラを際立たせるためか、とにかく伊吹がおバカでおちゃめな感じでした。

第2話に入り、バディの2人の息も合ってきたこともあり、可愛さや面白さよりも、だいぶ格好良さが際立ってきました。

凶器をもつ犯人の前でも落ち着きはらい、いざとなると素早い動きで相手を封じ込める様子は、ほんとに素敵!

志摩と伊吹の私服に注目

このドラマで改めて知ったことなのですが、機捜は覆面パトカーのため、基本的に私服を着て活動するのですね。

主役の2人ももちろん毎回私服を着ているわけですが、これがまたかっこいい。

伊吹はパーカーなどのストリートカジュアル系志摩はロングトレンチなどのマニッシュ系といったところでしょうか。

キャラの雰囲気にあっていて、これからも毎回服装が楽しみです。

人間の本質を語るストーリー

今回は”信じること”がテーマのようなお話でした。

過去のトラウマからなのか、人を信じようとしない志摩。

それをに対して、「志摩ちゃんさあ、すこしは人間を信じてみなよ」と歩み寄る伊吹。

息子を信じてあげられなかった夫婦が、その息子を自殺でなくした、というストーリーも。

”人を信じてあげよう”というテーマで終わるのかと思いきや、そうではありませんでした。

志摩の「人は信じたいと思うものを信じるんだ」という言葉。

夫婦や伊吹が信じたかった容疑者は、その気持を裏切り、やはり殺人犯だった。

そんな一筋縄では行かない、人間の本質を語るストーリーが◎でした。

最後に夫婦が犯人にかけた、「ごめんね」の言葉がとってもジーンときました・・。



「MIU404」第3話の展開予想は?

第2話では結局志摩の過去について、多くは語られませんでした。

今後もやはり、ほんの少しずつ明らかになっていくと思われます。

 

次回第3話では、いたずら通報事件が題材。

いたずら通報をし、警察から逃げ切れるならOK、という若者たちの遊び。

足の速さの勝負なので、伊吹のあの疾走が再び見られるのでは?と楽しみです。

 

また、伊吹と桔梗隊長との間に恋の予感?

警察メンバーの中では今の所桔梗隊長が紅一点なので、何かしら色めくことが起こりそうですね。

「MIU404」第2話〈切なる願い〉感想|バディの格好良さ際立つ まとめ

「MIU404」の第2話についてお伝えしました。

志摩と伊吹の仲がどんどんと縮まっていて、最終回にはどれだけ通じ合ってるのか、それも期待です。

第3話も楽しみです。