伊豆シャボテン動物公園|雨の日に混雑を避けて遊ぶのがおすすめ!

静岡県のレジャースポットについてお伝えします。

 

伊豆シャボテン動物公園は、静岡県伊東市富戸にある、サボテンと動物を中心としたテーマパークです。

普通の動物園とは違った個性を持ち、また世界で唯一サボテン狩りができる場所。

更に雨の日でも関係なく遊べるコツもあるので、混雑を避けて楽しむにはもってこいの場所です。

今回はそんな伊豆シャボテン公園についてお伝えします。

伊豆シャボテン公園ってどんな場所?他にはない魅力とは

伊豆シャボテン公園施設概要

営業時間

9:30~17:00

入園料

大人(中学生以上)2,400円

小学生1,200円

幼児(4歳以上)400円

その他、団体料金やシニア割引もあり

 

伊豆シャボテン公園は、1959年に開園し、大室山の目の前に位置しています。

面積200,000㎡の中に、世界のサボテンや多肉植物が1,500種類、動物園は800匹飼育されています。

伊豆シャボテン公園の魅力

珍しい動物たちと驚きの至近距離で触れ合える

伊豆シャボテン公園の中で、最も人気なのはカピバラです。

ここで元祖カピバラの露天風呂を生み出しました。

サボテンとカピバラをはじめとして、120種類の動物たちと驚きの近距離で触れ合うことができるのが何よりもこのテーマパークの特徴です。

私が訪れた際も、近くに大きな孔雀が歩いたなんてことが。

通常の動物園と比べても、物凄い近さで動物を観察することができたのでとても面白かったです!

普通の動物園では見ることができない、中南米にいる猿や鳥などが放し飼いにされています。

珍しい動物たちと、至近距離で触れ合うことができることが、私にとってとても貴重な体験でした。

他の場所ではなかなかお目にかかれない大迫力のサボテン

また、メインの一つであるサボテンは、1,500種程が温室で育てられています。

南アメリカ館、森林性シャボテン館、マダガスカル館、メキシコ館の5つの温室に分かれています。

普段なかなか目にすることがないような大迫力のサボテンたちに、圧倒されること間違いなし。

 

入園料に関しては正直なところ少し高値かなと思いましたが、入ってみて想像以上に楽しむことができます。

子どもはもちろん、意外と大人でも楽しめる要素が多いのが、シャボテン公園の魅力なのです♪


伊豆シャボテン公園は雨の日でも大丈夫!むしろ混雑なしでお得?な回り方

実はシャボテン公園は雨天時も楽しめるように通路の一部などに屋根がついています。

特におすすめは、カピバラゾーン

通常お天気の日には大変混み合うようですが、雨の日はすんなり入ることができます

屋根がついている場所もあるので、ゆっくりとカピバラと触れ合ったり、写真を撮ったりすることができますよ!

また、ミニブタのショー、鳥のショー、ドッグショーなど、複数のアニマルショーを行っていますが、全て屋根付きです。

傘を閉じて、ゆっくりと楽しむことができます♪

サボテンや熱帯植物がある温室もあり、そちらも室内で思う存分観賞出来ます。

以上のように、十分に雨の日でも楽しめる場所が多いシャボテン公園。

むしろ混雑を避けて効率的に園内を回るには、あえて雨の日に訪れるのもありかもしれないですね♪


伊豆シャボテン公園お土産のおすすめは?

サボテン狩りで寄植えをお土産に

最もシャボテン公園らしく、人気なお土産はサボテンの寄せ植えです。

実は、サボテンの温室の最後に、「サボテン狩り」ができるようになっています。

そこで沢山のサボテンの中から、自分でカスタマイズして寄植えにし、購入することができます。

小さいサボテンの詰め合わせを、お土産に渡してみても良いかもしれませんね。

「サボテン狩り」ができるのは世界で唯一

貴重な旅の思い出になること間違いなし!

カピバラモチーフのお土産が豊富

その他のお土産は、「ギフトショップアニマルマート」で購入することができます。

お土産ショップはここ1か所で、広い店内では様々なお土産が。

カピバララーメンや、カピバラのぬいぐるみなど、カピバラモチーフのお土産の種類もとても豊富です!

私は特に、こちらのゆるいカピバラのイラストのTシャツが好きです。

まとめ

伊豆シャボテン公園、いかがでしたでしょうか。

入園料のハードルが高く、なかなか旅行の目的地になりづらいかと思いますが、普通の動物園にない個性を持っているシャボテン公園が私はとても好きです。

他ではできない体験ができること間違いなしです!

是非、もうじきやってくる行楽シーズンに、一度訪れていただきたい観光地の一つです。