サーキュレーターがあれば扇風機はいらない?噂の最強説を徹底解説

年々暑さが厳しさを増す夏。

熱中症対策のため、エアコンを使うことはもはや必須の時代となってきました。

そんなエアコンの話題の時、サーキュレーターもあった方がいいなんてよく聞きますよね?

扇風機ならあるけどサーキュレーターは無いし…という方も多いと思います。

しかしサーキュレーターは、実は扇風機もいらなくなるほど最強のアイテムなのです。

今回は、サーキュレーターと扇風機の違いや、サーキュレーターの最強な使い方について徹底解説します。

あなたは知ってる?サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターと扇風機、実はとても似て非なるものなのです。

まず扇風機は当然のことながら、人が涼むためのものですよね?

なので人にとって心地よい弱い風が広範囲にでるようになっています。

ですがサーキュレーターは風を送るためのもの

狭い範囲の強くて直線的な風が出るようになっています。

なので空気を循環させるほどの強い風を出すことができます。

そして最近では弱風機能が付いたサーキュレーターや、

首振り機能がついたサーキュレーターも続々登場。

もはや、

サーキュレーターがあれば、扇風機いらないんじゃない?

サーキュレーター最強なんじゃない?

と話題なのです。


節電にも!サーキュレーターのすごい効果

エアコンを単独で使うと電気代が高くなる?

エアコンって実は室内に温度ムラができてしまうのはご存知ですか?

冷房の冷気は部屋の床の方にたまり、暖房の暖かい空気は部屋の天井側にたまります

また、場所によってここは涼しい、ここは暑いなど、部屋の中でもまだらに温度差が生じます。

そうすると効果を感じにくくなってしまい、ついついエアコンを強くしがちに。

だから電気代も高くなるんですね…。

サーキュレーター&エアコンで節電効果アップ

そこでサーキュレーターを併用します。

風で空気の流れを作れるので、部屋の空気を循環させ、温度ムラをなくしてくれるんです。

エアコンを強くする必要が無くなり、結果的に節電につながります。

 

また最近ではお部屋の換気ってみなさん意識されてますよね?

サーキュレーターはお部屋の空気を風として排出しているので、置き方によってはお部屋の換気がスムーズにできるようになりますよ。

そんなサーキュレーターを、部屋のどこに置くと良いのか、おすすめの場所についてもお伝えします。


サーキュレーターの正しい置き場所|3シチュエーション別

冷房時のサーキュレーターの置き方

エアコンを背にしてサーキュレーターを置いてください。

この時エアコンの少し前に置くようにし、真下には置かないようにしましょう。

エアコンの前部にたまった冷たい冷気を冷たい風として押し出し、お部屋中にまんべんなく広がるようになります。

首振り機能付きなのであれば、それも是非利用してください。

暖房時のサーキュレーターの置き方

エアコンの前方部屋の中心部に置いて、首を上向きにして風が天井に向かって出るようにしてください。

サーキュレータの強い風で暖房の暖かい空気を天井にぶつけます

空気の循環を作ってあげることで、暖かい空気が部屋の下部にも届くようになります。

換気時のサーキュレーターの置き方

窓やベランダを開けて、その手前部分にサーキュレーターを置いてください。

お部屋の中の空気を排出し、風の循環で外気を取り込みます。

換気の時間が短くてスムーズになるので、節電効果アップ、熱中症対策にも◎です。

サーキュレーターがあれば扇風機はいらない?噂の最強説を徹底解説 まとめ

今回はサーキュレーターの最強説についてお伝えしました。

サーキュレーターって夏のイメージが強いで、冬にも使えて、換気もできるのには驚きですよね。

我が家はちょうど長年使っていた扇風機が寿命を迎えそうなので、今年からはサーキュレーターを購入して、通年通して使っていきたいと思います。