高知よさこい祭り|桟敷席がおすすめの理由は?狙い目の駐車場はどこ?

夏の高知の代名詞、「よさこい祭り」をご存じですか?

なんと女優の広末涼子さんや、南海キャンディーズの山ちゃんもドハマりしているのだとか。

そんなよさこい祭りの魅力や楽しみ方とは何なのでしょうか?

今回は初めての方でもよさこい祭りを楽しんでもらえるように、有益な情報を発信していきます。

是非最後までご覧ください。


高知よさこい祭りは桟敷席での観覧がおすすめ!チケット入手方法について

高知のよさこい祭りとは

高知県で毎年8月に行われるよさこい祭りは、8月9日から12日の4日間に行われます。

(うち9日は前夜祭、10、11日は本祭、12日は後夜祭、全国大会)

高知市内9ヶ所の競演場と7ヶ所の演舞場を舞台に、約200チーム、18,000人もの踊り子たちが踊り、練り歩く大規模なお祭りです!

また、2020年で67回目を迎える、とても歴史あるお祭りであります。

開催当初から今日まで進化を続け、規模的にもクオリティ的にもどんどん成長していることが特徴です。

※第67回は新型コロナの感染拡大防止のため中止となりました

高知よさこい祭りの桟敷席について

高知よさこい祭りの会場の一つ、「追手筋競演場」では桟敷席にて有料でお祭りを観覧することができます。

桟敷席には遮るものが何もなく、非常に全体が見やすい位置から演舞を楽しむことができるのです。

身長が低い方は、「観覧したいけど前の人の身長が高くて見えない…」と悲しい気持ちになることもありません。

また、追手筋会場はお祭りの代表的な会場の一つであるため、この会場で思い切りパワー全開で踊ってくれるチームが多いのです!

せっかくよさこい祭りに来たならば、お金を払ってでも一見の価値はあります!

 

チケットは基本的にネットでの前売りのみです。

当日余りがあった場合に当日購入が可能になりますが、無難に前売りで入手するのがおすすめです。

指定席と自由席、また昼の部と夜の部があり、それぞれ料金が変わるのでご注意ください。

詳しくは高知市観光協会のHPにてご参考ください。

高知市観光協会


高知よさこい祭り 駐車場のおすすめはココ!

よさこい祭りは市全体のイベントであるため、もちろん規模も大きいものになります。

車での移動を考えている方は、会場から近くて、料金も高くない駐車場はないかと気になりますよね?

そこで今回は、2ヶ所のおすすめ駐車場をご紹介します。

県庁前通り地下駐車場


〒780-0870 高知県高知市本町5丁目28−1

こちらの駐車場は、お祭りの中心的な会場(帯屋町、高知城など)のすぐ近く!

さらにはグルメの観光名所ひろめ市場もすぐそこの非常にアクセスの優れた駐車場です。

料金も最初の1時間は30分ごとに150円、それ以降は100円と安価なので、長時間の滞在でも安心できることでしょう。

イオンモール高知駐車場


〒780-0026 高知県高知市秦南町1丁目4−8

こちらの駐車場は、何といっても無料で広い

約2,800台数駐車が可能であるため、余裕をもって駐車できます!

さらに、ここは「秦演舞場」というれっきとした会場の一つです。

中心部まで少し距離はありますが、無料で停めたい方にはおすすめです。


高知よさこい祭りの魅力・楽しみ方

よさこい祭りを楽しむ方法は演舞観覧することだけではありません。

その魅力と楽しみ方をお伝えします。

高知のグルメが楽しめる

会場の一つである帯屋町アーケードの入り口にある「ひろめ市場」では、高知のグルメを堪能できます。

平日、土曜、祝日は9:30~23:00まで、日曜は7;00~23:00まで空いています。

名物はカツオのたたきと柚子ビール!

高知の名産品であるカツオを新鮮なままで味わえます。

柚子ビールとはその名の通りほんのりと柚子の香りがする高知の名物ビールです。

どちらも高知に来たならば押さえておくべきグルメです。

お祭りに来られた方は、ひろめ市場に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

踊り子と直に交流できる

さらに、お祭りの最終日には、踊り子たちによって市場で打ち上げが行われます。

踊り子と仲良くなれる出会いの場として楽しむことができます。

まとめ

高知のよさこい祭りについてお伝えしました。

この記事を読んで、少しでも高知のよさこい祭りに興味を持っていただけたら嬉しいです。

ぜひ夏は高知へ行き、文化と進化の融合するエンターテインメント、よさこいをお楽しみください!