秘境!最明寺滝(兵庫県)への行き方|岩肌に隠れた神秘的な滝

兵庫県のパワースポット・レジャースポットをご紹介します。

 

今回紹介するのは、兵庫県川西市にある岩肌に隠された滝です。

ここへは一人の時でも訪れるくらい私のお気に入りの場所で、圧倒的な自然に心が癒されます。

ここはまさに秘境で、県内在住の人でも知らない人がたくさん。

素晴らしい最明寺滝の魅力を、ぜひお伝えしたいと思います。

アウトドア予約ならじゃらん

↓ お得にポイント貯められます♪ ↓

最明寺滝までの行き方を写真付きで解説

今回は、

駅→バス→徒歩

というルートでの、最明寺滝への行き方をお伝えします。

雲雀丘花屋敷駅(阪急)から最寄りバス停へ

西改札を出て、左手にタクシー乗り場とバス停があります。

愛宕原ゴルフ場行きの(阪急バス)に乗車し、万願寺で降車します。

所要時間は約8分です。

(乗車)雲雀丘花屋敷

→花屋敷

→豆坂口

→つつじが丘

→長尾台

→万願寺(降車)

バス乗車後、5番目のバス停で降車します。

近くに愛宕原ゴルフ場が見えるポイントです。

行き乗車時刻

平日:午前6時=24分 48分

午前7時=3分 18分 33分 50分

午前8時~15時=16分 46分

土休日:午前6時=43分

午前7時=15分 43分

午前8時~15時=16分 46分

※JR川西池田行きのバスもあるので注意!

運賃は、片道:大人¥200、小児¥110です。

雲雀丘花屋敷駅 西改札出口のバス停乗り場

万願寺のバス降車ポイント

帰り乗車時刻
平日:午前9時=28分 58分

午前10時~15時=58分

午後16時=25分 45分

午後17時=25分 45分

午後18時=5分

土休日:午前9時~15時=58分

午後16時=なし

午後17時=17:00

午後18時=18:00 30分

※JR川西池田行きのバスもあるので注意!

バス停から最明寺滝までのハイキングコース

続いて、バス停から徒歩での最明寺滝への行き方をお伝えします。

 

バス降車ポイント手前からの景色を正面の道をまっすぐ進みます。

右手には愛宕原ゴルフ場の看板が見えます。

 

しばらく進むと分岐点にあたります。

左に進んでしばらくすると…

右手に川が流れる小道を歩きます。

あとは道のりに進むと、最明寺滝までのハイキングコースになります。

 

ハイキングコース途中に、右に赤い橋がある分岐点に到達します。

左の道を進むと、最明寺滝の目の前に到着します。


まさに秘境!岩肌に隠れた最明寺滝の魅力

滝に入る手前に、秘境へいざなうメッセージがありました!

最明寺滝は聖域と書いてあり、まさにパワースポットです。

ペットを連れて行くことは出来ないので注意が必要です。

到着!こちらが最明寺滝です。

毎回写真をたくさん撮りたくなるほど、とても素敵な場所です。

滝が岩肌に隠れているので、太陽の入り具合で雰囲気がその都度変わります。

実際に目の前にすると、とても神秘的な滝です。

手前にはテーブルが用意されてますので滝を眺めながら一休みできます。

私は大体1時間くらい、友人と景色を見ながら会話を楽しんでおります。


最明寺滝すぐ万願寺のお寺カフェ

次におすすめしたいのは、バスの降車ポイントからすぐの万願寺にあるお寺カフェ。

こちらがおすすめの、喫茶坊 緑

バス停すぐの万願寺のお寺の中にあるカフェです。

営業時間は午前10時~午後15時までです。

※行事や特別な日は営業時間が異なることがあります

1人大体¥1000以内で利用できます。

喫茶坊 緑は料金もリーズナブルですが、日本の庭園を眺めながらの喫茶なので景観も非常に抜群!

ゆったりと自然を楽しみながら、美味しいお茶菓子をいただくことが出来ます。

ハイキング後ののんびり休憩タイムにはもってこいの場所です。

私は今回抹茶を頂きました。

とても深い味わいで美味しい!

次回は気になるお寺ご飯を頂きたいと思います。

まとめ

兵庫県の秘境、最明寺滝についてお伝えしました。

都心部からも近く、公共交通機関でのアクセスもしやすい、軽いハイキングコースになります。

これからの涼しくなる季節にも、ぜひ訪れていただきたいです。