河津七滝オートキャンプ場|川遊びや釣りが楽しめるサイトは?魅力まとめ

静岡県賀茂郡河津町に位置する河津七滝オートキャンプ場。

四季折々の伊豆を感じられ、親子とでも、友達とでも、カップルとでも、団体でも楽しめる、一年中営業しているキャンプ場です。

当ブログでは、全国のキャンプ場を巡っているライターが、実際に河津七滝オートキャンプ場に行った際の経験をお伝えします。

河津七滝オートキャンプ場でキャンプを検討している方の参考になれたら幸いです。

アウトドア予約ならじゃらん

↓ お得にポイント貯められます ↓

河津七滝オートキャンプ場|川遊びや釣りを楽しもう

河津七滝オートキャンプ場は、川釣りや川遊びを楽しめます。

川沿いのオートサイトBが、川遊びに適しています。

サイト沿いの川で釣りをしている方もいますが、川遊びしている子どもたちもいるので注意しましょう。

サイトの中央には釣り堀があり、そこではニジマス釣りができます。

エサ付きで釣り上げたニジマスはさばいて串に刺して味付けまでしてもらえます。

魚をさばけない方でも気軽に体験できますね。

※ソロキャンプでのんびりと過ごしたい人は、サイトBは不向きかもしれません。



河津七滝オートキャンプ場の魅力・楽しみ方

河津七滝オートキャンプ場なら四季折々楽しめる

春には河津桜や山菜刈りにハイキングを、夏には川釣りに川遊びに夜にはホタル鑑賞も!

秋には紅葉や栗拾いを堪能し、冬には露天風呂温泉でゆっくりと星空を眺める。

河津七滝オートキャンプ場には温泉施設がある!

河津七滝オートキャンプ場には嵐の湯本館が併設されており、ここには岩盤浴ができます。

キャンプ後に老廃物、汗を流してリラックスしてみてはいかがでしょうか。

そして食事もいただけます。

ユッケや新鮮な鹿のお刺身に猪鍋!!

他にも山菜うどん、そば、伊豆のわさび丼もあります。

また、ここのかけ流し露天風呂は24時間入浴できるので冬季は救われます。

混雑時を避けたい人にもオススメです!

河津七滝オートキャンプ場はコテージもあり

土で汚れるのも、虫が大嫌いな方でも安心してキャンプができるクアコテージも完備!

各部屋に露天風呂もついています。

ちょっと贅沢なキャンプもたまにはどうでしょうか。

河津七滝オートキャンプ場はイベントも豊富

アユ釣りなど、季節ごとに楽しめるイベントもあります。

公式ホームページでは定期的にキャンプ場のイベント情報を掲載しているのでチェックしてみてくださいね。

公式HP:https://www.nanatakiauto.com/



河津七滝オートキャンプ場|施設概要・アクセス・料金

河津七滝オートキャンプ場の施設概要

立地環境は林間と川で、バンガロー、コテージと区画サイト。地面は芝生と土です。

第1キャンプ場と第2キャンプ場があります。

・オートサイトA

スノコが設置されているテントサイトです。

テントが地面に直接つかず汚れないので、撤収が楽です。

・オートサイトB

川沿いのテントサイトです。

・バンガロー

1〜15まであり。

収容人数は1は8人、2〜14は6人、15は20人。

・クアコテージ

収容人数10人。

・寝具はありません。

・駐車場はオートサイトなのでサイトにあります。

・共有設備

管理棟、売店、炊事場、水洗トイレ、温水シャワー、

コインランドリー、自動販売機、温泉露天風呂

・レンタル品

テント、テーブルセット、寝具、バーベキューセット、調理用品

・営業期間

通年営業、定休日なし

営業時間8時〜21時まで

チェックインは13:00〜

チェックアウトは11:00まで

デイキャンプも可能です。時間厳守でお願いします。

・クレジットカードのご利用はできません。

・ゴミ捨て場、炭捨て場はありますので綺麗にして帰りましょう。

・ペットは可能です。

・ネット予約は不可です。

河津七滝オートキャンプ場へのアクセス

車の場合

国道136号線→月の瀬ICから約30分

電車の場合

電車は熱海(伊東線)→河津

→東海バス(河津七滝停留所)

→徒歩

→河津七滝オートキャンプ場

バスの場合

バスは河津駅(河津七滝行、修善寺行)

→河津七滝停留所(25分)

→徒歩(20分)

→河津七滝オートキャンプ場

河津七滝オートキャンプ場の利用料金

・施設利用料(1泊)大人¥1,000、小人¥600

・オートサイトA B(1サイト分)¥4000

・サイトバイク来場者(1サイト分)¥2500

・バンガロー1番¥8000、2番〜14番¥7000、15番¥15,000

・クアコテージ¥15,000

河津七滝オートキャンプ場|川遊びや釣りが楽しめるサイトは?魅力まとめ

河津七滝オートキャンプ場についてお伝えしました。

テントでもバンガロー、コテージでも”外”を満喫できる。

虫が苦手でも野遊びできる。

そんな優しさ溢れる河津七滝オートキャンプ場でアウトドアを体験してみてください!