「エール」の千鶴子役・小南満佑子の歌声が圧巻!山崎育三郎との共通点も

NHK朝の連続テレビ小説「エール」で、

主人公・音のライバルである、ちづこ役として登場した小南満佑子さん。

山崎育三郎さんとの歌声でお茶の間をうっとりとさせました。

しかもとっても可愛らしい容姿の小南さん、いったいどのような経歴の持ち主なのでしょうか?

さっそくお伝えします♪

小南満佑子(こみなみまゆこ)のwiki風プロフィール

名前:小南満佑子(こみなみまゆこ)

生年月日:1996年8月10日(23歳)

出身地:神戸市

趣味:神社仏閣巡り、舞台鑑賞、映画鑑賞

特技:英会話、オペラ、ダンス

所属事務所:ホリプロ

高校:兵庫県立西宮高等学校音楽科

大学:東京音楽大学音楽学部声楽専攻

なんと若干23歳です!

つい6週間ほど前に、大学を卒業されたばかりです。

この落ち着きと美しさで、最近まで大学生とは‥驚きです。

趣味や特技も幅広くて、人格の深さを感じますよね。

 

高校・大学と音楽を専攻されています。

実は小南満佑子さんの音楽の経歴が、ものすごいのです。

続いてはその凄すぎる経歴についてお伝えします。

スポンサーリンク

若干23歳・小南満佑子の凄すぎる音楽の経歴

小南満佑子の経歴

特技にも記してあったダンス。幼い頃から大好きで、なんと4歳から踊っているようです。

兄の影響もあり、クラシックバレエ・ジャズダンス・タップダンスなど多くのレッスンに通っていました。

小学4年生の時、ミュージカル『森は生きている』に出演。

この経験がきっかけで、クラシック声楽を学び始めたようです。

高校3年生のときにはすでに国内外各地で演奏活動を行い、

数多くの声楽コンクールで入賞を果たしています!

 

私が高校生の頃なんて、将来の夢すらはっきりしていなかったなぁ。

小南さんは、もともとの才能があったのはもちろんのこと、

幼い頃から常に向上心と好奇心の塊、そして努力家であったのだと思います。

小南満佑子のミュージカル出演歴

小南さんはその容姿・ダンス・歌声を活かし、数々のミュージカルに出演しています。

2015年 『レ・ミゼラブル』アンサンブル

2016年 『Endless SHOCK』 リカ役

2017年 『レ・ミゼラブル』コゼット役

2017年 『ポストマン』美月・ソフィア役

2018年 『タイタニック』ケイト・マクゴーワン役

2019年 『レ・ミゼラブル』コゼット役

2019年 『イノサンmusicale』マリーアントワネット役

なんと大学に通いながらもこれらの出演を全て見事果たしました。

2015年の『レ・ミゼラブル』では当初コゼット役のオーディションを受けたものの、「若すぎる」という理由で不合格だったようです。

その後2回もコゼット役を勝ち取っている小南さん。

おそらく本人にとってとても思い入れのある役なのでしょうね。

 

来年以降の『レ・ミゼラブル』主演はどうなのでしょうか?楽しみですね♪

スポンサーリンク

「エール」共演 山崎育三郎と小南満佑子の共通点

朝ドラ「エール」で素晴らしい歌声を披露している、

山崎育三郎さんと小南満佑子さん

お二人には、ミュージカル俳優であるがゆえの共通点があります。

それは『レ・ミゼラブル』

コゼット役を2017年、2019年と演じた小南さんですが、

実は山崎さんもマリウス役として2007年、2009年、2011年、2013年と連続して出演を果たしていました。

小南さんも山崎さんも、若い頃から『レ・ミゼラブル』の舞台に憧れており、

それがきっかけで舞台の世界へと足を踏み入れたようです。

そんな共通点を持つ2人の掛け合いを聴くことができたなんて、なんて贅沢なんでしょう。

 

ちなみに2人は次の動画『Shows at Home 民衆の歌』でもリモート共演しています。

こちらは新型コロナウイルスの影響による自粛期間中の人々を励ますため、

日本の歌手やミュージカル俳優たちがリモート合唱した、

レ・ミゼラブルの代表曲『民衆の歌』です。

小南さん・山崎さんの他、平原綾香や大原櫻子など有名歌手や俳優の方々が美声を披露しています!

動画後半、猫ちゃんと一緒に出演しているのが小南さんですね。

「エール」の千鶴子役・小南満佑子の歌声が圧巻!山崎育三郎との共通点も まとめ

NHK朝の連続テレビ小説「エール」にちづこ役として出演中の、

小南満佑子さんについてお伝えしました。

素晴らしすぎる経歴、そして美しすぎる容姿と歌声。

まさに今後大注目の女優さんです。

今後の活躍にますます期待です!