一の瀬高原キャンプ場|野営気分を味わえる!ソロキャンプにおすすめ

梨県甲州市にある一の瀬高原キャンプ場は山梨県の笠取山のふもと、標高1250mのキャンプ場です。

周辺は水源林と美しい渓流があり、そしておいしい空気と湧水があります。

サイトは一切整備してません、山の中です!自然好きのソロキャンパーには最高の空間です。

野営気分を味わえることができる、そんな一の瀬高原キャンプ場をご紹介します!

当ブログでは、全国のキャンプ場を巡っているライターが、実際に一の瀬高原キャンプ場に行った際の経験をお伝えします。

検討している方の参考になれたら幸いです。

アウトドア予約ならじゃらん

↓ お得にポイント貯められます♪ ↓

一の瀬高原キャンプ場の魅力と注意点

一の瀬高原キャンプ場の魅力

 

場内や周辺の渓流には山女(ヤマメ)、岩魚(イワナ)が生息。

3月15日〜9月30日まで釣りを楽しむことができます。

¥1,200で遊漁券の購入が必要です。

また、笠取山への登山客のベースキャンプ場としても利用できます。

10月上旬から11月上旬にかけて、山々が紅葉で色付き、赤や黄色と自然が作り出す空間の中で非日常のキャンプを体験できます。

そしてインスタ映えします。

 

場内は林間で木も多いので、ハンモックで1泊するには最適な場所です。

直火もOKなので、いつものキャンプ場では味わえない焚き火を満喫できます。

静かで何もない場所・・・好みは分かれると思いますが私は好きです!

一の瀬高原キャンプ場での注意点

駐車場からフィールドまで距離があります。

荷車は借りることが出来ますが、荷物はコンパクトにまとめて来ると良いでしょう。

 

トイレはボットン式便所で、暗くなると雰囲気が出ます‥。

お腹の弱い方や、家族や小さいお子さん連れは難しいかもしれません。

※飲み過ぎ、食べ過ぎに注意。お肉はしっかり焼きましょう。

 

炊事場も少ない、ゴミ捨て場もありませんので、全てお持ち帰りです。

周辺にはスーパーもコンビニもないので、忘れたときの食材調達は難しいです。

連泊やお洒落なキャンプ飯を楽しみたい方には不向きかもしれません。

 

完全おひとり様かソログループキャンプでのご利用をオススメします。

その中でも、ある程度キャンプ慣れしてる人、ブッシュクラフトがお好きな方には大自然で黙々と野営に熱中できる最高のロケーションです。


一の瀬高原に行くとき必ず準備すべきもの

 

準備すべきものその1:万全な体調

やはり1番必要なものは、バッチリな体調です。

寝不足や風邪気味だと楽しめませんし、何より一の瀬高原は山の中です。

渓流も流れて、傾斜面も多いです。

私自身、ここで酔っ払ってツルに引っかかって河川敷の石の上に落ちたこともあります。

身近に危険は潜んでいます。

準備すべきものその2:救急キッド

2つ目は救急キッドです。

キャンプに行く際は必ず携帯しています。

虫除けスプレー・塗り薬・消毒・絆創膏・ポイズンリムーバー・ティックツイスター(マダニ取り)などを入れています。

夏場は特に虫が多くなり、危険なのはマダニです。

小さくて噛まれたことにも気付きません。

ポイズンリムーバー・ティックツイスターがあるだけで、虫被害は最小限に抑えられます。

なので、この2つはオススメです!!

準備すべきものその3:食材

あと必ず必要なものといえば、食材くらいでしょうか。

テントやチェアー、テーブルはブッシュクラフトで、その場で作れてします。

※倒木を利用しましょう。無闇に木を切ってはいけません。

準備すべきものその4:ライト(複数)

虫が本当に苦手な方は、灯りを何個か用意しましょう。

2つ持っていき、1つは自分の近くに(またはヘッドライト)もう1つはテントから2mぐらい離れたところに明るさを強めにして置いてください。

虫が離れたところに集まるので多少は気休めにはなるかなと思います。


一の瀬高原キャンプ場 施設概要

 

一ノ瀬高原へのアクセス・注意点

一の瀬高原へ行く際の注意点は、キャンプ場付近の一の瀬林道は道が狭いです。

また、大雨は台風のあとは場合によって通行不可、または舗装されていない道を通行しなければならないので、その際は管理人さんに確認しましょう。

あと車高の低い車での走行は注意してください。

一の瀬高原キャンプ場利用料金・施設概要

キャンプ場は大きく分けて第1、第2、第3キャンプ場とバンガローエリアになります。

キャンプサイトは全面フリーサイトです。

ーキャンプサイト料金ー

大人1人1泊 ¥1,000

小学生1人1泊 ¥500

幼児1人1泊 ¥300

車1台1泊 ¥500

バイク1台1泊 ¥300

こちらの料金は駐車代を入れてもかなりコスパの良いキャンプ場です。

バンガロー

3帖1泊 ¥3,600

6帖1泊 ¥7,200

7.5帖1泊 ¥9,000

12帖1泊 ¥14,400

駐車代は同じですが、バンガロー利用のお客さんはキャンプ料金は掛からないようです。

車は専用駐車場にお止めください。

管理棟では

薪1束 ¥1,000

ビール ¥350

ソフトドリンク ¥150

で販売しています。

浴室、シャワー、洗濯機、乾燥機等はありません。

炊事場は管理棟付近にあります。

まとめ

今回は一の瀬高原キャンプ場についてお伝えしました。

キャンプ場という名の野営地で、何も無いことの素晴らしさを実感してみてください!!!