ブルーライトでお肌が老ける!まだ間に合うエイジングケア対策は?

ブルーライト対策、してますか?

仕事でパソコンを見て、プライベートではスマホを見てという生活をしていると、ブルーライトは絶対に避けられません。

ブルーライトは、実は眼だけでなく肌にも影響があり、結果的にその人の見た目を老けさせることに。

今回はブルーライトの肌への影響と、その対策についてご紹介したいと思います。

そもそもブルーライトとは?眼が疲れる理由

強さNO.2の光 ブルーライト

ブルーライトとは、人の見ることのできる光(可視光線)の一種で、波長の短く強いエネルギーを持った青い光です。

実は、紫外線の次に強いエネルギーです。

ブルーライトは主にスマートフォンやパソコン、液晶テレビや照明器具から出ています。

太陽光にも微量ながら含まれているそうですが、一番多いのはスマホから。

ブルーライトが目を痛める?

この強い光はなんと、網膜まで達します

したがって網膜の病気の原因になったり、失明してしまうような病気になる可能性があるんです。

またブルーライトの光は、空気中のほこりなどにぶつかって散乱します。

ぶれが生じたところを、眼や脳が一生懸命修正しながら画面を見ることになるので、眼精疲労になってしまいます。

眼精疲労や目の病気の可能性を生むブルーライト。

次に肌への影響について見ていきましょう。


ブルーライトの肌への影響とは?

実はブルーライトは、人の肌にも大きな影響を与えています。

ブルーライトがシミ・くすみを生む

先程、ブルーライトは紫外線の次に強い光だとお伝えしました。

ブルーライトは、紫外線よりも奥深く肌に入り込み、メラニン色素を作り出します

そしてシミやくすみの原因になってしまいます。

少し極端ですが、スマホなどの画面でブルーライトを顔面に浴びる行為を、太陽にずっと顔を向けている行為と置き換えてみてください。

特にお風呂上がりなどすっぴんでスマホをよく見る‥なんて人は要注意ですね。

ブルーライトがシワやたるみも生む

ブルーライトは、肌を老化させる「活性酸素」を発生させます

活性酸素は、細胞膜を破壊したり、コラーゲンを減少させたりするお肌の大敵。

結果、シワやタルミの原因になってしまいます。

 

シミ・くすみ・シワ・タルミなんて大人女子の嫌なお肌への影響四天王ですよね。

「私はもう手遅れだ!」

なんてあきらめそうな人のためにも、今から始められる対策をお伝えします。


今日から始めたい お肌を守るためのブルーライト対策

ブルーライトをカットしてくれる基礎化粧品を使う

BBクリームや化粧下地、ファンデーションに日焼け止めなど、

ブルーライトカットしてくれるベースメイク用品が続々登場しています。

普段メイクは薄目という方も、日焼け止めでブルーライトカットしてくれるものを選んで、家族でシェアしたりすると良いかもですね。

抗酸化作用のある食べ物を取るようにする

アスタキサンチンビタミンCポリフェノール類などが含まれる食べ物には活性酸素を除去してくれる抗酸化作用があります。

抗酸化作用のある食べ物
・鮭
・緑黄色野菜(ほうれん草、パプリカ、ブロッコリー)
・プルーン
・リンゴ
・種実類(アーモンドなど)
等々

お酒が好きな方なら、食後の一杯の赤ワインなんてものもおすすめですよ。

物理的にブルーライトを減らす

スマホなどの明るさ調整をして、ブルーライトを減らす方法です。

スマホはナイトモードにするとブルーライトが軽減されます。

またブルーライトカットのフィルムをスマホなどに貼るというのも簡単でおすすめ。

私はいち早くこのフィルムをパソコンとスマホに貼ろうと心に決めました。

ブルーライトでお肌が老ける!まだ間に合うエイジングケア対策は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はブルーライトの肌への影響や対策方法についてご紹介しました。

眼だけでなく肌にも良くないというのはショックでしたが、身近にできる対策もたくさんあります。

これを読んだあなたは、5年後10年後の未来のあなたのために

是非取り入れてくださいね!